勉強

今回の記事は勉強のことについて書いていきます。

 

僕は公認会計士になることを目指しています。

そして、将来、会計事務所を設立し業績が低迷している企業を再生させるサービスを提供したいと思っています。

 

最終の目標を達成するために、短期的に達成する目標は公認会計士の資格試験に合格することです。

一日中勉強できるならなんら問題もありませんが、仕事しながら勉強しているので、通常より効果的で効率的な勉強法で勉強を進めていく必要があります。

 

ここからが本題です。

効果的かつ効率的な勉強法ってなに??

最小の努力で試験に合格するための勉強法と言い換えることができます。

努力とは、ただ頑張って長時間勉強することではありません。

努力とは、正しいやり方で無駄な重複なく勉強を継続的に行うことだと思います。

正しいやり方とは、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

めんどくさい!!

とりあえず、自分がやると決めた教材や試験を全部やり切ったら試験に必ず合格できると思っています!!

 

勉強の進め方

1 計画を立てる

まず、本試験までの長期計画を立てます。

そして、ひと月ごとの中期計画を立てます。

最後に、1週間ごとの短期計画を立てます。

短期計画は直近の2週間分くらいだけでいいです。

計画は基本的にズレるものなので、余裕を持った計画を立てましょう。

勉強計画の作り方は後日ブログにアップいたします。

 

2 実行する

その日やると自分で計画した勉強は必ずやり切りましょう!!

一日でも、「今日くらいいいか~」と先に延ばしたら先延ばし癖が付きます。

ただ、自分がこの時間までやってできなかったら明日やるとデッドラインを決めて、そのデッドラインまでやってできなかったら次の日に繰り越しましょう。

デッドラインを決めるのは、睡眠時間を削って勉強をやることが次に日のパフォーマンスを著しく下げる大きな原因の一つだと考えているからです。

 

3 測定する

これがとても重要です。

自分が何をやったかを勉強時間と勉強量で測定する必要があります。

勉強時間を測定するために僕は「スタディープラス」を使っています。

f:id:zaim8128:20150711132220p:imagef:id:zaim8128:20150711132341p:image

前に書いたスタディープラスの記事があるのでもし宜しければお読み下さい。

 

diary8128.hateblo.jp

 

勉強量の記録とは、勉強した項目や教科書・問題集を繰り返した回数を記録することです。

勉強量を記録する理由は、いつ何をやったかを記録していないと復習のサイクルを決定できないことと、何をやって何をやっていないかを把握できないからです。

復習のサイクルについては後日ブログにアップする予定です。

 

4 改善する

計画を立てそれを実行したが、想定していた結果が得られない場合、その計画自体の方向性が間違っている可能性があるので、改善が必要です。

それと、計画の方向性は合っているけど、自分の勉強のやり方、すなわち、インプットとアウトプットのやり方が間違っている。このような場合勉強のやり方を改善する必要があります。

 

計画の立て方や勉強のやり方については、勉強が得意な人に意見をもらうことが一番の方法だと思います。

 

 

最後に

上記の様に勉強の進め方について書いてきましたが、結局は、勉強を継続して毎日やることが試験に合格するために一番必要な行為だと思っています。

そして、勉強量がある規定のラインを超えたとき、自動的に勉強の質も向上していくと僕は思っています。

勉強が苦手な人は、まず毎日勉強することだけにすべての力を注ぎましょう。

最初の頃は、試験の結果とか理解度とかは無視しても大丈夫です。

とりあえず、毎日勉強頑張りましょう!!

 

 

 ポチして下さい。

この記事が少しで役に立ったと思った人は、下のボタンを「ポチ」して下さい!

お願い!!

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村