読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リマーケティング

記事の内容

リマーケティングの解説
 

定義

リマーケティングとは、web全体から、広告主様のwebサイトにアクセスしたことのあるユーザーを見つけ出し、Googleの検索結果表示ページ等のGoogleディスプレイネットワーク上で広告配信する、ターゲティング手法の一つです。
 

リマーケティングの概要

⑴ユーザーが広告主様のサイトを訪問
⑵リマーケティングタグが設置された広告主のページにアクセス
⑶サーバーではすべての訪問者のcookieを収集しユーザーをリスト化
⑷その後、ユーザーが他のwebサイトを閲覧
⑸ディスプレイネットワークの広告が掲載されているサイトを訪れると、cookie IDを認識し、そのユーザー対象の広告を配信
⑹ユーザーがその広告をクリックすると、広告主のサイトへ再度、誘導させることができる
f:id:zaim8128:20150817000824j:image
 

どうやって利用するの??

Google AdWordsの「ユーザーリスト」タブから利用できます。

 

⑴リマーケティングタグをwebページに設置

⑵リマーケティングリストを操作

することで設定完了です。

 

どんなことができるの??

仮にユーザーが購入することなくお客様のサイトを後にした場合でも、リマーケティングならこうした潜在的顧客が Google 検索や Gmail といった Google のサービスを利用した際、あるいは別のサイトを訪れたときにアピールすることが可能です。これは魅力的なメッセージや特典を表示することによって行われ、ユーザーが再びサイトを訪れ、購入してくれるよう試みるものです。

自社の商品を買わずにwebサイトから離脱したユーザーに対して、自社のwebサイトへ誘導する広告を表示させることができる。

つまり、自社の特定のページにタグを設定し、そのタグをもとにリストを作成し、そのリストの対象のユーザーに対して自社の広告を表示させるということです。