safariで広告をブロックする方法

今回の記事の内容

safariで広告をブロックする方法を紹介します。

 

僕のブログにGoogleアドセンスを設置してあるので、できれば広告をブロックしてほしくないです。

手順の概要

アプリをダウンロードし、safariの設定をイジルだけ。

以上です。

めっちゃ簡単。

 

詳細な手順

⑴広告ブロックに必要なアプリをインストール

crystalというアプリをインストールする。

Crystal - Block Ads, Browse Faster.

Crystal - Block Ads, Browse Faster.

  • Dean Murphy
  • ユーティリティ
  • ¥120

 

⑵safariの設定を変更

iPhoneの設定画面を開く

f:id:zaim8128:20150917231338p:image 

safariをタップ

f:id:zaim8128:20150917231341p:image 

コンテンツブロッカーをタップ

 f:id:zaim8128:20150917231349p:image

ONにする

f:id:zaim8128:20150917231427p:image

f:id:zaim8128:20150917231435p:image

 

 

コンテンツブロッカー検証

コンテンツブロッカーあり

 f:id:zaim8128:20150917231456p:image

コンテンツブロッカーなし

 f:id:zaim8128:20150917231451p:image

 

アップルとGoogle

僕が思うに、apple独自の広告サービスを展開する予定なのかなと予想しています。

そのために、Googleなどの広告を排除しておけば、appleがネット上の広告市場に参入することが容易になり、市場を独占することができます。

自社以外の広告は表示させないようにし、自社の広告自由に表示できるなら、広告を出したい業者は少し高くても広告を出すと思います。

このような汚い手を使うことはないと思いますが、もしこのようなことが現実になれば、appleとGoogleの間で戦争が始まると思います。

 

appleがこのような方法でGoogleアドセンス等の広告表示をブロックしたので、Googleも対抗するために、何らかの対抗策を仕掛けてくると思います。

今の時点ではどんな対抗策を仕掛けてくるか予想は付きませんが、Googleとアップルの今後の展開が面白そうです。

 

次回予告

iPhoneに最初からインストールされている「メモ」アプリを紹介します。

今までテキストエバーというアプリを使っていましたが、このメモアプリに乗り換えようかと思っています。

ただ、テキストエバーとEvernoteが連携していて、テキストエバーでメモした内容が瞬時に同期され、Evernoteにメモ内容が保存されます。

この機能がとても気に入っていました。

過去の記事でも紹介したと思いますが、僕はかなりのEvernoteのヘビーユーザーです。

なので、メモや気になったwebページ等なんでもEvernoteに保存しています。

倉庫のように使っています。

iPhoneに元から入っているメモアプリはこのEvernoteに自動でメモを保存する機能がないので、正直すごく悩んでいます。

ただ、IFTTT等のアプリとアプリを連携させ新たなサービスを生み出すサービスを使えば、もしかすると自動でEvernoteにメモの内容を保存できるのではないかと希望をもっています。

ここらへんでとりあえず切り上げておきます、、

書きすぎると、次の記事に書く内容がなくなってしまう、、、

 

お願い

できれば、Feedly等のRSSから更新情報を取得できるアプリに登録お願いします!

Feedlyはブログの更新情報を自動で取得してくれるすごく便利なアプリです。

もしよろしければお使いください。

過去に紹介した記事を書いたので、その記事へのリンクを貼り付けておきます。

 

diary8128.hateblo.jp

 

Feedly - your personal news reader

Feedly - your personal news reader

  • DevHD
  • ニュース
  • 無料