節約が苦手な人はマネーフォアードを使いなさい!(家計簿アプリの紹介)

なんで節約せなあかんの??

必要性

そもそも節約ってする必要ある??

あります!!

節約すれば、自分にとって必要のない支出を最低限に抑えることができ、必要な部分に資金を集中的に投入することができます。

収入が高く、節約を全くする必要のない人が少数ですが存在します。

その人たちは節約する必要はないです。

定義

節約とは、無駄を極力なくすように努めることです。

つまり、お金を使うべき部分にお金を使うために、無駄使いをなくすことです。

僕の言葉で言い換えると、趣味にお金を使うために、それ以外の支出を極限まで減らすこと。

それが、せ・つ・や・く!

節約成功のための3ステップ

1 現状把握

2 支出分析

3 節約を習慣化

 収入と支出の現状を把握し、それを基に支出分析を行い、節約を習慣化することで、その状況を日常にする。

これを繰り返すことで、生活に必要な支出を減少させることが出来ます。

 この3ステップの内、「1 現状把握」が一番重要です。

現状把握がでできていないと、節約のポイントを把握することができないからです。

でも、1ヶ月分の支出を全部把握することはとても面倒です。

紙ベースやエクセルで支出を管理することは、面倒臭がりな僕には無理です!

その場で支出を入力できるアプリケーションじゃないと継続的に支出を記録していくことが出来ません。

 支出分析をする際、スマホ等の家計簿アプリを使えば、すぐに集計・分析できます。

エクセルで支出記録を行っている場合、支出のカテゴリごとの集計等の分析は容易にできますが、それらを主にパソコンで作業を行わなければなりません。

スマホでもできなくはないですが、小さい画面でエクセルのアプリを操作しないといけません。

紙ベースの家計簿で支出記録を行っている場合、支出のカテゴリごとの集計等の分析をすることにかなりの手間がかかります。

紙に書いた数字を電卓等を使い集計しなければならないからです。

スマホの家計簿アプリは、紙に支出を記録する様に簡単に支出を記録でき、エクセルの様に簡単に集計・分析できる。

 家計簿アプリは節約をする上で一番重要な現状把握・支出分析を行うために必要なアプリです。

マネーフォアードは家計簿アプリの中で一番オススメなアプリです。

マネーフォアードの紹介をした後に、節約の3ステップについて解説していきます。

 

マネーフォアードの紹介

どんなアプリなん??

家計簿アプリです。

マルチデバイス対応なので、スマホタブレット・パソコンなど、どのようなデバイスでも利用可能です。 

家計簿マネーフォワード

家計簿マネーフォワード

  • Money Forward, Inc.
  • ファイナンス
  • 無料

 

なんでオススメなん?

予算機能と支出分析機能が優秀だから。

それと、デザインが好きだから。

 

予算機能で特に僕が好きなのは、各カテゴリーごとに今月使える金額を表示してくれる機能です。

これがあるおかげで、後何回外食できるかなど大まかに全体を把握することが出来ます。

f:id:zaim8128:20160205012655p:image

 

支出分析機能で特に僕が好きなのは、食費などの各カテゴリーごとの支出を時系列に比較できるグラフで表示してくれる機能です。

前年同月での比較をグラフでできる機能は他のアプリにはあまり実装されていません。

青い棒グラフが当年度の支出額です。

見にくいですが、点線で薄く表示されている棒グラフが前年度の支出額です。

f:id:zaim8128:20160205012625p:image

 

それと、1ヶ月の支出のカテゴリーごとの割合を円グラフで表示してくれる機能も気に入っています。

この円グラフで、どのカテゴリーの支出が多いのか少ないのかを把握することが出来ます。

f:id:zaim8128:20160205012640p:image

 

zaimと言う家計簿アプリがあります。

このzaimと言うアプリは機能面では満足なんですが、デザインがダメです。

機能についてはマネーフォアードの様に豊富な分析機能は実装されていませんが、必要最低限の機能は実装されているので、シンプルで僕は好きです。

特に予算機能がシンプルでグラフも見やすく好きでした。

でも、グラフのデザインやその他のデザイン全般が好きではありません。

デザインが改善されるとすごくいいアプリになるのですが、、、、

zaimさん、もう少しアプリのデザインに力を入れ下さい。

 

節約の3ステップの解説

1 現状把握

目的は、支出の内訳の詳細な把握をすることです。

 使うアプリケーションは、マネーフォアードをオススメします。

マネーフォアード以外の家計簿アプリでも大丈夫です。

 

2 支出分析

目的は、どのカテゴリーの支出を節約するかを把握すること。

つまり、節約可能カテゴリとそれ以外に分類し、支出金額の大小の把握、前月・前年と比較して支出金額が増加しているかを把握すること。

まず、節約対象を決めるために、「節約できるカテゴリー(例、食費など)」、「節約できないカテゴリー(例、家賃など)」に分類します。

節約できるけど節約してもほとんど金額が変化しないものや、そもそもの支出金額が少ないものは、節約できないカテゴリーに含め、節約する対象から除外します。

その後、節約可能カテゴリー(例、食費など)の全体に占める割合と金額を確認し、どれくらい節約可能かを把握する。

この節約可能額が多く、節約をするための行動が簡単なものから節約を実行する。

 

3 節約の習慣化

目的は、文字通り、節約を習慣化させることです。

習慣化させないと継続して節約を行うことはできません。

継続して節約を行わないと、節約をする意味がありません。

一時的な節約金額は小さいけど、それが数か月数年と積みあがっていくと大きい金額になってきます。 

節約を習慣化するために、節約の手法をできるだけ簡単で、労力がかからないものに決定することが必要です。

その後、なにがなんでも続ける。

これで、習慣化することが出来ます。

 

最後に

節約を行うことで、無駄な支出を減らし、必要な部分へ資金を投入することができます。

節約の成果が数字で確認できるので 節約をやり始めると面白く、癖になります。

 

だまされたと思って一度節約をしてみて下さい!