読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今月読みたい会計に関する本

今月読みたい会計に関する本を紹介します。

ここで紹介する本は既に購入済みです。

本棚に積んであります、、、、

 

1「会計士は見た!」

著者の情報

著者・・前川 修満

職業・・公認会計士

学歴・・同志社大学商学部卒

購入を決めたポイント

「数字の羅列から、こう読み解く。」と書かれた一文があったからです。

決算書の数字から企業の実態をイメージできるようになりたいと、会計士の勉強をしていてずっと思っていました。

なので、数字の羅列から企業の実態を読み解くための知識がつくかなと思い、購入を決めました。

それと、本の表紙にサラリーマンのおっちゃんのイラストを気に入ったのも購入を決めた理由の1つです。

本の内容

本の内容は、話題になった日本企業の決算書を、会計士である筆者が読み、その内容をまとめたものです。

紹介されている企業は、ソニー・大塚家具・日産・キーエンス・スカイマーク・東芝などです。

Amazon

《単行本》

会計士は見た!

会計士は見た!

 

 《Kindle版》

会計士は見た! (文春e-book)

会計士は見た! (文春e-book)

 

 

2「技術屋が書いた会計の本」

著者の情報

著者・・吉川 武文

職業・・公認会計士

学歴・・東京工業大学工学部卒

購入のポイント

技術屋が書いた会計の本というタイトルに惹かれて購入を決めました。

その他に、本の構成がよくできています。

見開きページの左に文章で、右に図や表を使い一つのテーマについて書かれています。

本の内容

本の内容は、製造業の利益率向上のために必要な会計知識に関することが書かれています。

公認会計士の受験生にオススメです。

管理会計が苦手な人はこれを読めば具体的に計算をイメージできるようになります。

Amazon

《単行本版》

技術屋が書いた会計の本

技術屋が書いた会計の本

 

 

3 帳簿の世界史

著者・・ジェイコブ ソール

職業・・南カリフォルニア大学教授

学歴・・?

その他・歴史学と会計学を専門としているそうです

購入を決めたポイント

自分が勉強している会計の歴史について知りたいと思っていたので、この本のタイトル「帳簿の世界史」を見た時に購入を決めました。

また、目次の内容がすごく面白そうだったのも購入を決めた大きな要因です。

目次の中で一番気になったのは「鉄道が公認会計士を生んだ」です。

この本を読み終えたらレビュー記事を書くので楽しみにしておいて下さい!

Amazon

《単行本版》 

帳簿の世界史

帳簿の世界史

 

《Kindle版》

帳簿の世界史 (文春e-book)

帳簿の世界史 (文春e-book)

 

 

最後に

最近、東芝やシャープなど日本を代表するような企業が次々と問題を起こしています。

それに関するニュースも多く報道されていますが、その報道内容が真実かどうかいつも気になっていました。

なので、財務分析や会計の歴史の本にはとても興味があります。

今後も財務分析や会計の歴史、タイムリーな会計の話題に関する本を見つけたらこのブログで紹介していきます。

 

↓↓もしよろしければ読者登録お願いします↓↓