美容室とコンビニってどっちが多いの??

美容室の店舗数はコンビニの店舗数より多いと聞いたことがあるのですが、本当にそうなのかな??

 

僕の家から駅までの間で美容室は4店舗くらいあります。

コンビニの店舗数は2店舗です。

 

びっくり!!

どうやって店舗を運営してるんや、、、

 

 

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

《ちょっと話逸れます》

もし美容室の従業員が5人で一人当たりの平均給与が25万円、家賃が12万円、諸経費が15万円で、ホットペッパーで12万円とした場合、約164万円です。

ひと月に25日営業するとした場合、164万円を25日で割ると6万5千円となります。

客単価が6千円で1日あたりの平均来店客数、平日が10人とした場合6万円で、休日が14人だったとした場合8万4千円です。

 

ー1ヶ月の損益ー

売上 約170万円

原価 約164万円

ーーーーーーーー

     6万円

 

保守的に見積もってこれです。

美容師業界の市場規模が一定だとした場合、店舗数が増えると、1店舗当たりの売上は基本的に減ると考えられます(上位の店舗だったらそんなことはないと思いますが)。

本当に厳しい業界です。

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

 

 

実際に美容室等の店舗数を調べてみました。

 

理容施設・美容室の店舗数 →約36万店舗

コンビニの店舗数(14社合計) →約5万5千店舗

歯医者の診療所      →約7万診療所

電柱の総数(平成24年度末)  →約3,500万本

 

理容施設数・美容所の詳細

理容施設数12万7千店舗 理容師数は23万1千人

美容室は23万7千店舗  美容師数は49万7千人

 

理容施設・美容室の方がコンビニより約30万店舗多いです。

美容室とコンビニでは、美容室の方が約18万店舗多いです。

 

「理容施設・美容室」の方が「歯医者の診療所」より圧倒的に多いです。

 

「歯医者の診療所」の方が「コンビニ」より、約1万5千カ所多いです。

こんなに虫歯になっている人いるんや、、、、

ただ、最近の歯医者は歯並びを良くしたり、白くしたりするサービスの提供数も年を追うごとに増えていると思うので、歯医者さんの仕事の幅自体は大きくなっていると思われます。

 

美容室は、少子高齢化の影響で美容室の数が減って、適正な店舗数に調整されるのかなと思いっています。

逆に、理容施設の施設数が今後多くなっていきそうな予感がしています。

僕の髪の毛もそうなんですが、、、年を取るごとにだんだん髪の毛が少なくなってきます(´・_・`)

本当に悲しい(/ _ ; )

高齢者が増えれば増えるほど、髪の毛が少ない人が増え、髪にこだわる人が減り、格安カットを利用する人が増えそうです。

 

どうでしたか?

実際に調べてみて、実際の数字を見ると、美容室と理容施設の店舗の多さには驚きました。

こんなに店舗数があったら、新規出店した後、近くに別の美容室が出店して来たら、来店客数が大きく変動しそうで、売上が安定しなさそうです。

新規客の集客をどうやっているのか気になります。

 

次回の記事は、美容室の新規顧客獲得のために支出している広告宣伝費と利用しているwebサービスについて書いていきます。

時間があれば、業種ごとの売上に対する広告宣伝費の割合についても書いていきたいと思っています。