Macbook Airを売る前にやったこと。

メルカリでMacbook Airを販売できたと記事を書きましたが、売る前に初期化を自分でする必要があります。

 

そこで、僕がMacを売る前にしたことについて紹介します。

 

売る前にしたこと

  1. Microsoft Office 2011のアンインストール・ライセンス解除
  2. Adobe CCのアンインストール
  3. Macbook Airの初期化

 

Macbook Airを売る前に上記の3つを行いました。

Macbook Airの初期化を行えばMicrosoft Office 2011やAdobe CCのライセンス解除とアンインストールができるのかもしれませんが、確実にそれらができるか不安だったので、Macbook Airの初期化前に「1」「2」の初期化を行いました。

 

下で「1」「2」「3」の手順について詳細を解説します。

 

1 Microsoft Office 2011のアンインストール・ライセンス解除

手順

  1. 「Finder」の中の「アプリケーションフォルダー」の中の「Microsoft Office 2011」ファイルをゴミ箱に移動
  2. Macを再起動
  3. ゴミ箱の中を空にするとアンインストール・ライセンス解除の完了

 

2 Adobe CCのアンインストール

手順

  1. 「Finder」の中の「アプリケーションフォルダー」の中の各Adobeアプリケーションフォルダー内にアンインストーラーがあるので、それを使い各アプリケーションごとにアンインストール・ライセンス解除を行う

補足

各Adobeアプリケーションフォルダーとは、Photoshopなどのアプリケーションフォルダーのことです。

これらのPhotoshopやillustratorのアプリケーションごとにアンインストールする必要があります。

 

3 Macbook Airの初期化

注意点

光回線等の固定回線の人は何ら問題はありませんが、WiMAX等のモバイルルターをご使用の方はOSの再インストールができないので注意が必要です。

速度の問題なのかセキュリティー上の問題なのか分かりませんが、実際に僕がOSの再インストールができませんでした。

手順が間違っているのかと思いapple storeで相談したところ、モバイルルーターが原因と言われました。

PCに詳しくない人へ

apple製品に関する相談はapple storeですることができるので、OSの再インストールなどは自分でやらずにapple storeでプロにやってもらうことをオススメします。

自分で使うためにそれをやるなら失敗しても問題ないですが、人に売るためにOSの再インストールをする場合は失敗ができません。

OSの再インストールはインターネットに手順が公開されているので、それの通りに行えば簡単にできますが、何かエラーが出た時の対応についてはあまり情報がありません。

初期化の手順について

↓↓Macの初期化については下のリンク先のサイトでご確認下さい。

MacBookを売る前に。初期化の方法を画像で解説 - コムショップ買取

一応概要だけを紹介します。

Macの初期化は4つのステップがあります

  1. 「iTunes」の初期化
  2. 「iCloud」アカウントからサインアウト
  3. MacアカウントとappleIDの関連付けが解除されているか確認
  4. ハードドライブの再フォーマット

後悔 

OSの再インストールでエラーが出たときに最初からapple storeに行けばよかった。

そもそも、OSの再インストールについて無料で相談できると知らなかった。

実際にapple storeでOSの再インストールをやってもらった所10分くらいでやって頂けました。

 

自分でOSの再インストール中にエラーが出たのは、モバイルルーターを使っていたからです。

それと、ネット経由でOSの再インストールをしようとcommand+option+Rを押しながら再起動したがモバイルルーターでネットに接続することができず、command+Rを押しながら再起動してしまったことも原因かな?

 

モバイルルーターを使っている人は要注意です!

 

販売実績

f:id:zaim8128:20160501045521p:plain

合計で約117,000円の儲けです。

最初想定していたより高額なので、かなり満足しています。

 

実際に自分で売ってみてメルカリとソフマップなどの店舗での買取のどちらのサービス共に、メリット・デメリットがあることに気が付きました。

PCに詳しい人はメルカリで販売することがオススメで、逆にPCに詳しくない人はPCを持っていけば全てやってくれる買取店舗で販売することがオススメです。

MacbookAirはソフマップでは41000円での買取と言われましたが、メルカリでは80,000円で売れました。ただ、メルカリではMacbook Airとoffice2011やmagic mouseなどもセット販売したので、思ったより高額で売ることができました。

 

iPad mini2とiPad(初期のもの)とHPのPCについては、ソフマップで買い取って頂きました。

これらについては、古くてメルカリではあまり高く売れないのと、メルカリに支払う手数料と発送にかかる送料を差し引くとソフマップでの買取価格とほとんど同じなので、ソフマップを選びました。

それにソフマップだと現金買取だけど、メルカリだと後日振り込みなので、商品の発送から振込までの期間が少し長いです。

 

少しでも高額で売りたい人はメルカリ。

少し安くてもいいから、手間をかけないで売りたい人は店舗買取。

現金をすぐにほしい人は、店舗買取。

 

以上です。

 

最後に

メルカリ等の自分が直接相手に売ることができるサービスは、買取を実施している店舗に販売するより自分の売りたい商品を高く売ることができます。

ただ、PC等を販売する際は初期化等が必要なので、少し面倒です。

もし、パソコンの操作が苦手な人は買取価格が少し低くなるかもしれませんが買取を実施している店舗での販売をオススメします。

 

メルカリ関連の過去記事

メルカリで約9000円儲けたよ! - 日記やで。

金欠になったので、メルカリでPCを売ってみた! - 日記やで。

メルカリにMacbookAir出品したら一日で売れた! - 日記やで。