読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を他人と比較するより、昨日の自分と比較しなさい。

自分を他人と比較するより、昨日の自分と比較することをオススメします。

 

なぜ、他人より昨日の自分なの?

自分と他人は成長スピードも基礎的な能力も異なるので、昨日の自分より今日の自分が少しでも成長したかどうかが重要。

他人との比較は、自分の位置を確認するために有用です。

 

1.01と0.99の法則

1.01の法則

1.01の365乗は、37.8です。

毎日0.1くらいの「ほんの少しの努力」を積み重ねれば、1年で約37倍も成長することができます。

 

0.99の法則

0.99の365乗は、0.03です。

毎日0.1くらいの「ほんの少しサボり」続ければ、現状維持ではなく、マイナスの成長をしてしまいます。

 

きこりの話

先日テレビで、「木こり」の昔話を見た時に、この法則を思い出しました。
ある山小屋に、背の高い木こりと、背の低い木こりが住んでいたそうです。

腕力も体力も背の高い木こりの方が圧倒的にあるのに、
倒す木の本数は、朝から晩まで働いても、背の低い木こりに到底及ばない。

背の高い木こりは疲れ果てて、使っている斧もボロボロの状態。
それを見かねた背の低い木こりは、「どうして斧を研がないのか?」と問います。
すると背の高い木こりはこう答えました。

「毎日木を倒す作業で忙しくて、とてもじゃないが斧を研ぐ時間なんてない」。
背の低い木こりがやっていた唯一の違い。

それは、毎日斧を研いでいたこと。
毎日、たった少しの時間でも斧を研いだことで、成果が大きく変わったそうです。

 

出典:http://mba.globis.ac.jp/blog/osaka-staff/2790.html

 毎日の業務に追われ目の前の仕事だけをするのではなく、毎日少しでも自分を成長させるための努力をすることが大切です。

 

最後に

日々の努力が本当に大切です。

成功者に読書をする習慣がある人が多いということも、これで納得できます。

仕事・勉強・読書で毎日0.1ずつでも成長できる様に、意識して生活をしていこうと思います。