読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家計簿アプリといえばマネーフォアードでしょう!

みなさん、家計簿を付けていますか?

僕はマネーフォアード(家計簿)を使い家計簿を付けています。

 

去年まではマネーツリーを使っていましたが、今年は細かく自分の家計の状態を把握したいと思ったのでマネーフォアードに乗り換えました。

 

過去の記事でマネーツリーについての紹介記事があるので、マネーツリーに興味がある人はそちらでご確認お願いします!

www.zaimu.site

比較

 簡単にマネーフォアードとマネーツリーの比較について書いていきます。

マネーフォアードは、細かく家計を把握したい人向けのアプリケーションで、例えば、前月・前年比比較や予算を決めることができます。

マネーツリーは、大枠で家計を把握したい人向けのアプリケーションで、例えば、今週・今月・先月・去年の支出等をサマリーで確認することができます。

 

前年までは家計を大枠で把握することで満足だったので、マネーツリーを使っていました。逆に細かく家計簿を付けるのは面倒で続かないと判断したこともマネーツリーに決めた理由の一つです。

家計簿は継続して付けないとそこから得られる効果は薄いので、継続して家計簿をつけることができるかがとても重要です。

家計簿の役割

皆さんはなんのために家計簿を付けていますか?

僕は節約のためです。

家計簿を付けることで、節約の対象が明確になります。

家計簿を付けないと、節約の対象が判明しないので、節約を効果的かつ効率的に行うことができません。

過去に節約についての記事も書いたので、ご興味がる人はお読み下さい!

www.zaimu.site

 

 

マネーフォアードを選んだ理由

1予算を立てることができる

僕がマネーフォアードに乗り換えた大きな理由の一つがこの「予算を立てる機能」が実装されているからです。

この予算を立てる機能は本当に便利で、現時点での金額と予算の金額を比較したグラフを表示してくれるので、あとどれくらいお金を使えるのかが明確になります。

【スマホアプリ】

f:id:zaim8128:20170109140945j:image

【PC】

f:id:zaim8128:20170109135334p:plain

※予算の金額にはモザイクをかけています。

 

2今月の家計簿が円グラフで表示される

今月の家計簿を円グラフで表示してくれるので、支出の割合を把握することができます。

今月は娯楽に使い過ぎた・食費にお金を使い過ぎたなどを直感的に把握することができます。

【スマホアプリ】

 f:id:zaim8128:20170109141001j:image

 

【PC】

f:id:zaim8128:20170109135541p:plain

 

3小項目を大項目に集約して表示

小項目を大項目に集約して表示してくれるので、細かく把握することもできるし、大きく把握することもできます。

つまり、項目ごとに階層を設けることができるということです。

創造がつかないと思うので、食費を例に説明します。

「食費」という大項目があり、その下に「朝食」「昼職」「夕食」の小項目を設けたとします。「朝食 500円」「昼食 1000円」と入力した場合、「食費 1500円」として確認することも、「朝食 500円」「昼食 1000円」として確認することもできます。

それに、大項目と小項目ごとに月別の実績金額をグラフで表示させることもできます。

毎月の支出額の変動を直感的に把握することができるので、本当に便利です。

【スマホアプリ】

・大項目で表示

f:id:zaim8128:20170109141031j:image

 ・小項目も含めて表示

f:id:zaim8128:20170109141042j:image

・小項目をグラフで表示

夜ご飯にどれくらい使ったのかを月別に把握することができます。

グラフの下には日別のこうもくが表示されるので、どの日の金額が高かったのか・低かったのかを把握することができます。

僕の場合、ラーメンが多く、このまま進めば、メタボ確実だということも予測することができます!

f:id:zaim8128:20170109141051p:image

【PC】

f:id:zaim8128:20170109135835p:plain

 

注意点

マネーフォアード上では銀行口座から資金の引き出しをした場合、そのまま支出として処理されます。

現実のお金の動きとは異なるので「財布」という口座を設け、銀行口座からの資金の引き出しは「財布」という口座に振返るという設定を行えば、分かりやすくなります。

そして、現金支出の取引は「財布」から支出として処理すれば、現実のお金の動きと一致します。

 

その他にも注意点が一点あります。

マネーフォアードに登録している自分の銀行口座間の資金移動に関する取引に注意が必要です。

なんの設定もしなければ、銀行口座からのお金の引き出しは支出として処理され、お金の入金については収入として処理されます。

なので、実際の収入と支出の金額から乖離してしまうことになります。

そこで、銀行間の資金の移動は「支出」「収入」ではなく「振替」と設定し、お金をどの口座に移動させたのかを一度設定すれば、以後同じ取引があったばあ、設定したように処理されます。

 

最後に

家計簿アプリを選ぶときは、自分が使いたいと思うもので継続して使い続けていけるかを基準に決めることをオススメします。

マネーツリーからマネーフォアードに移行しましたが、マネーツリーも素晴らしい家計簿アプリです。

楽に家計簿を付けたい・収入額と支出額のサマリー(要約)を把握したい人はマネーツリーがオススメです。

興味を持たれた方は、私が過去に書いたマネーツリーに関する記事も、よろしければお読み下さい!

www.zaimu.site