どんなボールペン使っていますか??

皆さんどんあボールペンを使っていますか??

 

筒がプラスチックのボールペンを使っている人が多いと思います。

金額は100円から500円くらいだと思います。

 

社内の人に見られるだけならこのボールペンでいいですが、社外の人の前ではこのようなボールペンを使うのはあまりよろしくないと思います!

 

なので、この記事では見た目のいい、数千円くらいするボールペンを紹介しようと思います。

 

お勧めのメーカー

ボールペン初心者にまずお勧めしたいのが「PARKER」というボールペンのメーカーです。

www.parkerpen.com

 

歴史

f:id:zaim8128:20170127002229p:plain

 

1888年

ジョージ・サッフォード・パーカーが25歳の時に、自身初となるペンの特許ととる。

「優れたペンを作り上げる」との高い志を掲げるブランドストーリーの始まり。

 

1894年

ジョージ・サッフォード・パーカーが、インク漏れを防止する先駆的なインク供給システム「ラッキー・カーブ」を発明します。これがパーカー2つ目の特許取得となり、筆記具業界に飛躍的な進歩をもたらします。

 

1918年

PARLERの売上が100万ドルを超える。

 

1954年

パーカー初のボールペン「ジョッター」の生産が始まります。「ジョッター」は、発売初年度で350万本の売上を記録し、現在でもその人気は衰えることがありません。

 

1962年

エリザベス女王から「ロイヤルワラント」の称号を授かり、パーカーは英国王室御用達の筆記具ブランドとなります。

 

1990年

エリザベス女王から「ロイヤルワラント」の称号を授かり、パーカーは英国王室御用達の筆記具ブランドとなります。

 

2013年

パーカーは、時を超え、国境を超えて、若い世代にむけてインスピレーションとなる言葉を世界や地域のオピニオンリーダーから集め、その言葉をより多くの人に伝えることによって、言葉を紙にしたためる大切さを伝えます。

 

商品

ボールペン

僕が特にお勧めするボールペンです。

f:id:zaim8128:20170127003118p:plain

 

PARKERのジョッターという名称のボールペンです。

なにがお勧めかと言うと、書きやすさと高級感があります。

 

デザインを見ると少し古いと感じますが、それが逆にいい味を出しています。

このジョッターは1954年に発売されたボールペンなので、50年以上の歴史があります。

僕はこの歴史に惹かれました。

なんでもそうですが、その商品ができた背景がとても重要だと私は思っています。

 

上の画像ではペンの筒の色はシルバー一色ですが、下の画像の様に種類は豊富にあります。

f:id:zaim8128:20170127003407p:plain

 

万年筆

僕が特にお勧めする万年筆です。

f:id:zaim8128:20170127004016p:plain

 

高級感があります。

こんなペンで契約書にサインすると、なにか特別な気持ちになれると思います。

職人さんが作っている万年筆だそうです。

量産されているペンとは比べる土俵が異なりますね!

 

僕が購入したボールペンの紹介

上で紹介したジョッターと言うボールペンを購入しました!

下の筒の色はネイビーで、その上の部分はシルバーです。

ゴールドとシルバーでかなり悩みましたが、ゴールドは主張が強すぎてあまり好ましくありませんでした。

金額は約2,000円なので、そこまで悩まなくても、勢いで買うのもいいかもしれません。

一度使ってみると良さを実感できると思っています。

 f:id:zaim8128:20170127010301j:image

 f:id:zaim8128:20170127010432j:image

f:id:zaim8128:20170127010442j:image 

f:id:zaim8128:20170127001537p:plain

 

 購入したい人へ

このジョッターというボールペンを購入したい人は、下のAmazonのリンクから購入することができます。

 

パーカー ボールペン ジョッター レッドCT 1953348
 

 

  

 

パーカー ボールペン 油性 ジョッター フライター S1140312 正規輸入品

パーカー ボールペン 油性 ジョッター フライター S1140312 正規輸入品

 

 

物を買う時の判断

僕が何か物を購入する時、その商品の表面上だけでなく、歴史も考慮します。

歴史が、目に見えない魅力として商品に付加価値を与えます。

同じような商品を販売していても、歴史の有無でどれを購入するかの意思決定に影響を与えます。

 

最後に

社会人としてボールペンはある程度のものを持つ必要があると思います。

この機会にボールペンを買い替えてはいかがでしょうか?