2018年の手帳は「NOLTY」に決めた!

皆さん手帳を使っていますか?

 

今までスケジュールやメモなどは全てiPad Proで、行なってきました。

iPad Proはpcと比べ起動が速く、直ぐにメモを書いたり、スケジュールを確認でき、便利なのですが、不便な点もあります。

 

その点を補い、相乗効果で業務の抜けや漏れ、効率をアップさせるために、紙の手帳を2018年から使うことに決めました。

 

紙の手帳を使うと決めた理由

iPad Pro・スマホと併用して紙の手帳も使うと決めた理由は、会社で使っているスケジュールアプリのサーバーに不具合が生じ、数時間の間スケジュールを確認できなくなったからです。

紙の手帳にスケジュールを書き写すのではなく、急ぎで書き留めて置く必要のあるスケジュールやtodoなどは紙の手帳に書き、後でそれをスケジュールアプリに入力することで、抜けや漏れがなくなります。

詳細については、下で紹介します。

 

iPad Pro・スマホでのスケジュール管理

会社ではスケジュールを共有できるカレンダーアプリを使っています。

従業員のスケジュールを共有することで、誰が何をするのかを確認できるので、すごく便利です。

ただ、インターネットに接続できる環境とバッテリーが必要になってきます。特に外出先でiPad Proやスマホの充電が切れた時、スケジュールを確認することができません。

また、スケジュールアプリを運営している会社のサーバーに不具合などがあれば、スケジュールを確認することができません。

 

紙の手帳でのスケジュール管理

紙の手帳でのスケジュール管理は、今の時代に合っていないと思います。

スケジュールを自分の人と共有することに手間がかかります。なので、誰が何をしているのかを確認する手段が限られ、突然のスケジュール変更に対応するのが難しいです。

また、手帳を失くしてしまうとスケジュールを確認することができなくなります。数ヶ月先のスケジュールは忘れてしまっている人が多いと思うので、そのスケジュールを飛ばしてしまう可能性があり、取引先との信頼関係を悪くしてしまう可能性があります。

 

メインとサブ

スケジュール管理のアプリケーションをメインで使い、紙の手帳はサブとして使います。

どっちがメイン・サブかを決めておかないと、全てのスケジュールをどっちに集約すれば良いのか迷ってしまいます。

なので、紙の手帳はあくまで、スケジュールやtodoのメモ帳としての役割です。

 

併用することでどう変わる?

スケジュール管理のメインにアプリケーションを使い、紙の手帳はサブとして使います。

併用することで、抜け漏れのないスケジュール・todo管理を行うことができます。

後で調べることやその他、図としてメモをしたい内容については紙の手帳を使います。

 

オススメのスケジュール管理アプリ

Google カレンダー

Google カレンダー

  • Google, Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

 

オススメの手帳

 

1日のスケジュールを1ページで、管理することができます。

僕はこの手帳を購入しました!

1ページ1日なので、スケジュールだけでなく、後で調べることや、気になったことを図でメモをすることができるスペースが、余裕を持って用意されているからです。

スケジュール帳にスケジュールだけを書き留めるのではなく、自分のスキルアップのための知識や、その他メモしたい内容をなんでも書いて良いと考えています。なので、スケジュール以外の内容を書くことができるスペースは重要です!

 

能率 NOLTY U 365 手帳 2018年 1月始まり デイリー グラファイト 6527

能率 NOLTY U 365 手帳 2018年 1月始まり デイリー グラファイト 6527

 

 1週間のスケジュールを見開きページで、管理することができます。

シンプルにスケジュールを管理したい人向けの手帳です!

能率 NOLTY 手帳 2018年1月始まり ウィークリー NOLTY 能率手帳4 黒 1226

能率 NOLTY 手帳 2018年1月始まり ウィークリー NOLTY 能率手帳4 黒 1226

 

 

 スケジュール帳ではなくメモ帳

紙の手帳をスケジュール帳としてつかうのではなく、メモ帳とし位置付けることが重要です。

紙の手帳をスケジュール帳としてつかうと、スケジュール管理アプリと役割が被り、メイン・サブと分けたとしても、両者の役割分担が上手くいきません。

 

最後に

デジタルの時代に、アナログの象徴である紙媒体のものを使うことは非効果的で非効率だと考える方もいると思いますが、デジタルとアナログの併用がスケジュール管理については最適解だと僕は考えています。

 

ExcelとGoogleスプレットシートについても、役割分担を明確にし、併用することが最適です。次の記事でこの件について書くので、詳細は割愛します!

 

何でも1つにまとめるのではなく、役割分担での使い分けが重要です!

2018年からスケジュール管理アプリと紙の手帳を併用する予定ですので、実際に使ってみた感想について紹介する記事を書く予定です。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!