企業ではなく個人を主人公にすることで、SNSの反響が大きく変わる!

SNSをやっている企業は多いと思いますが、効果を実感している企業は少ないと思います。
効果を感じれないのは、効果の出ないやり方で運用しているからです。

どのような方法で運用すれば効果が出るのか紹介していきます!

誰を主人公にするのか?

誰を主人公にするのかが重要です。
企業を主人公にするのか?
個人を主人公にするか?

どちらを主人公にするかがとても重要で、個人を主人公にした方が、効果が高いと思います。
個人が主人公だと、個人に興味を持ち、その個人が行っている事業に興味を持ちます。
企業が主人公だと、ユーザーは広告と認識し、興味を持たず、スルーすることが多いと思います。

投稿頻度

投稿頻度は、定期的に投稿することがベストです。
定期的に配信する内容と、非定期的に投稿する内容で分けることが大切です。
定期的に投稿する内容は、朝に「おはよう」など、決まった時間に決まったフレーズの投稿のことです。

非定期的な投稿とは、通常の投稿のことで、いわゆるコンテンツのことです。
非定期と言っても、1週間に一回とか2週間に一回とかだと、その投稿を見ることが習慣になりません。

この投稿の頻度は、投稿したコンテンツを見ることが習慣になるくらいの頻度での投稿が必要です。

コンテンツ

コンテンツは大きく分けて、下記の3つの要素から構成されています。
・文章
・画像
・動画

文章だけだと、ユーザーは読む気がしなくなります。
なので、画像を追加することが重要で、文字情報をが像で認識できるようにすることで、
文字を読まずに、画像を見るだけで情報を把握できるようになります。
画像は静止画なので、動画を加えることで、文字と画像で認識していた情報が、画像だけで把握できるようになります。

つまり、文字と画像でのコンテンツ作成より、文字と画像で認識できる内容を動画でも作成することで、コンテンツの内容の理解を容易にすることができます。

最後に

「主人公」「投稿頻度」「コンテンツ」の3つに注目して、SNSを利用することで、反響が大きく変わってきます。